事前に知っておくと安心!法人口座の開設方法


法人口座を開設するときの準備

法人口座は会社を設立したときに開設することが多く、会社名義の口座として利用します。個人の口座ではなく法人口座にすることで取引先や顧客から信頼を得られやすくなり、営業や契約をするときにスムーズです。口座を開設するときには、いくつかの必要書類を用意します。会社の商業登記簿謄本や会社の印鑑、代表者の印鑑証明や身分証明書などです。さらに会社の運営状況が分かる資料も準備します。特に重要な書類と言われているのが登記簿と印鑑証明で、取得するときに時間が掛かることもあるので早めに取り寄せるようにしましょう。オンライン申請で取り寄せることも出来るので、忙しいときにはインターネットでの申し込みも利用するようにします。

法人口座の開設方法とは

開設のための準備が整ったら、いよいよ手続きの開始です。口座を開設したい金融機関に足を運んで、申し込み用紙に必要事項を書き込みます。さらに準備しておいた書類を提出して、金融機関の審査を受ける流れです。金融機関によっては申し込みをインターネット上で行うことが出来たり、一度も来店せずに手続きを終えることも可能です。

審査では資本金の額や事業目的、本当に実在する企業なのか調べられます。全ての条件をクリアすると、数週間で口座開設となります。書類が足りなかったり、不審な点がある場合は審査に通りづらくなるので、事前の準備をしっかりしておくことが大切です。審査に合格するとキャッシュカードが渡されて、自由にお金のやり取りが出来るようになります。

法人口座を開設することで、社会的な信用が得られるため、高額な融資にも通りやすくなるのがメリットです。